PageTop
2013 101234567891011121314151617181920212223242526272829302013 12






















僕等はいつも待っている。


仕事が忙しく、最近は特に帰宅が遅くなってしまう日が続いている。


どるさくには留守番をしていてもらう時間が長くなり、いつもいつも待たせてばかりですまないねぇ…。




───実際、彼等はいつも待っている。






おやつ待ち。(2人でささみを半分こ。いつかは1人で丸々食べたい。DOL談)






トイレの出待ち。(ちょっと怖い。)






ボール待ち。(投げてやらないと怒り出す。)






ふわふわボール待ち。(投げてやらないとガン見で待つのみ。)






遊び待ち。(引っ張りっこへの誘い。断ればやはり怒り出す。)






風呂の出待ち。(扉をガンガン叩くので大変ビックリいたします。)






食べ物待ち。(見て。ちゃんとお座りしてます。だからなんか食べるモノくれよ。のポーズ)






猫待ち。(出て来たところを襲うつもり。決して出てきやしませんがね。)






…と まぁ、このように いつも待っているばかりの君達。


さぞかし欲求不満な事でしょうな…。



待たせてばかりの飼い主ですが……それでも絶対に君達の事幸せにしますからっ

今だけを見ない! 今だけ見ないで 人生トータルで判定しておくれね (≡人≡;) 頼むっ




↑ ↓ クリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

[ 2013/11/30 13:57 ] 2本のしっぽ | TB(0) | CM(0)

DOLの特技 〜知育オモチャ〜

DOLの特技…と言っても 食べ物が絡むと俄然張り切る 食いしん坊のDOLならではの事。



“ 知育玩具 ” なるモノがある。



ラバー製のオモチャの中におやつが仕込めるようになっているモノが代表的か。



↓ うちのDOLが使っているのはこれ




リッチェル ビジーバディ ツイスト S
クリエーター情報なし
リッチェル




もう2個ダメにしております


これを使って おやつを食べている姿が非常に面白い


と言うか、感心してしまう


あまりキレイな画質ではないが 動画をUPしてみようかな。( ̄∀ ̄*)🎶



↓ 知育オモチャでおやつを食べるDOL✨





頭フリフリするのが面白いっ‼️ (*≧艸≦) ぶはっ


上の歯と下の歯を使って器用にネジを開けてるし⭐️ (´⊙ω⊙`)


完全に構造を理解しているように見えるぞっ



いやはや 君は食べ物が絡むと簡単に潜在能力が引き出されるタイプなのだね…( ̄▽ ̄;)




↑ へへっ ( •̀ .̫ •́ )✨ …んな事はいいから早くオヤツくれよ🎵




……食いしん坊め💧



↑ ↓ クリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

[ 2013/11/29 01:28 ] DOL | TB(0) | CM(0)

仲が悪くなったのはいつからか


いつの頃からだったろうか。


2人の仲が悪くなったのは…。ಠ_ಠ💧


子供の頃はまだ仲が良かったのに。

1歳半くらいまでだったかな。





2人並んで外を眺めたり。





1つのクッションに2人で寝てみたり。





互いを舐め合ってみたり。





ソファーにぎうぎう詰めでお昼寝してみたり。





そのソファーでシンクロしてみたり。(*´艸`*)




この、見ている者をデレンデレンに溶かしてしまう程に微笑ましかった君達2人は、一体どこへ消えてしまったのか ( ̄ー ̄)…。


見つめ合っては互いを舐め合い、とても仲睦まじかった───時期があったではないか。


今では 目が合えば喧嘩勃発。(ー"ー;)

見つめ合っているのを見掛けたら、即 仲裁。





見るな 見るな 見るなーっ💦




──あぁ、あの頃の2人……。


戻ってこーい‼️



↑ ↓ クリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

[ 2013/11/28 22:27 ] 2本のしっぽ | TB(0) | CM(0)

空を見る。


猫のご多分に漏れず、我が家の朔丸も窓の外を眺めるのが大好きだ。




ずーっと眺めている。飽きもせず。






↑ カーテンはちゃんと自分で開けますよ♪ もちろん閉めませんがね。









↑ 何を想う?





朔丸が子供の頃は、窓の外の鳥なんかに向かって狩猟本能丸出しでカカカカカッ!(←猫が獲物に対してよくやるヤツ)とかやってたものだが、今やもう そんな本能など何処へやら。



ただただボーッと眺めているだけだ。( ̄▽ ̄;)







↑ まぁ、目は爛々としてるけどね。("▽"*)













外を熱心に眺める朔丸。




そして自分は──そんな朔丸を見ているのが大好きだ。



いつまでだって眺めていられるぞ。



飽きもせずね!(´,,・ω・,,`)







しっぽ タラ〜ン (* ̄m ̄)





【 お帰り前に… 】


『 2本のしっぽログ 』はランキングに参加しています

クリックして頂くとそれがランキングに反映される仕組みとなっております

是非、お帰り前に下のDOLと朔丸をポチポチッとお願いします



   にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ


[ 2013/11/27 22:53 ] 朔丸 | TB(0) | CM(0)

犬と猫も似てくるのか⁉️


黒トイプー・真ん丸しっぽのDOLはよく手(前足)を使う。





↑ オモチャもおやつも離しませんよ、決してね。





豹柄ベンガル・真っ直ぐしっぽの朔丸は “ニャン” とは鳴かずに “アン” と鳴く。





↑ そんな事より眠いのだよ。





子供の頃から一緒に暮らすと、犬と猫も互いに似てくるものなのか⁉️



真似をしてるのだろうか。





DOLはとても猫っぽいところがある。



朔丸と喧嘩する時なんかは前足で朔丸の頭をパンパン叩き、まるで猫同士の喧嘩みたいになってるし、ボール遊びをしてても前足でコロコロして一人遊びを始めるし。



何と言っても極めつけは、猫みたいに手で顔を洗う仕草をする事だ❗️Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
(さすがにその手を舐めるまではしないが。)



お前さんは猫かっ‼️ とツッコミたくなる行動が多々あるのだ。




朔丸に関しては犬っぽいという事はあまり無いが、なにせ鳴き方が猫らしくない。ウ〜( ˘•ω•˘ )〜ン



良くて “ナン” 。悪けりゃ “マン”。… いや “マン” ってか⁉️



なんで “ニャ” って言えないのか、君は。



最近 動物病院に連れて行った際には、嫌すぎてパニックに陥ったのか、とうとうハッキリクッキリ “ワン” と鳴いてしまった…((((;゚Д゚)))))))



『いずれ本当に “ワン” とか言い出すんじゃなかろうか💧』と 多少予期してはいたものの、実際に “ワン” と鳴かれた時には さすがに我が耳を疑った…。Σ(´⊙ω⊙`)




それにしても、犬と猫。



色々な面で真逆な生き物。



だが 長い間一緒に暮らすと多少は似てくるものなのかもしれない。



少なからず影響を与え合っているのは確かだ。




今度 犬と猫の違いを検証してみよっと。








こうやって いつも仲良しだったらいいのになぁ ( ̄▽ ̄;)





【 お帰り前に… 】


『 2本のしっぽログ 』はランキングに参加しています

クリックして頂くとそれがランキングに反映される仕組みとなっております

是非、お帰り前に下のDOLと朔丸をポチポチッとお願いします



   にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ


[ 2013/11/26 12:54 ] 2本のしっぽ | TB(0) | CM(0)

朔丸の持病 #1(続きの続き)


さて、朔丸の去勢手術 兼 バイオプシーの顛末を。




全身麻酔で実施しなければいけないバイオプシー(生体組織診断)を、去勢手術の際に敢行してしまおうとの掛かり付け獣医の提案により、通常ならば日帰り手術の筈が1泊入院になってしまった朔丸。



病院に預けて帰宅する時は涙が出て仕方がなかったな。



獣医さんも苦笑していた事だろうて。



恥ずかしいので顔は見ていなかったが。(;一_一)…。



──そして 朔丸が居ない初めての夜…。



寂しいのと心配なのとで不安な夜を過ごした。




で、次の日の朝 獣医さんから電話が入る。



早過ぎる連絡にドキドキしながら電話に出ると、手術の際に腸内を見やすくする為の浣腸をしたのだが、あまりキレイに排出しきれなかったので手術は明日に延期するとの事。



<(ll゚◇゚ll)> な、何ですと⁉️



───これで1泊入院が2泊になる💦



眠れぬ夜がもう1夜…💧



そして次の日、気が狂いそうになる一歩手前で迎えに行くと、朔丸は案外元気そうで。



とは言え かなり不機嫌な様子で獣医さんに対してシャーシャー怒っていた。( ̄ロ ̄lll) 恩知らず💦



だが、そんな朔丸を胸に抱き上げると 痛々しいほどブルブルと全身を震わせていたのだった。



あぁ…。怖かったね💧 ( •̥́﹏•̀ू ) ごめんよ💧





ともあれ 去勢手術もバイオプシーも無事に終了。



獣医さんが内視鏡で見る限りでは、腸内の見える範囲には腫瘍や炎症も無くキレイな状態だったとの事。



ついでに便のサンプルも採取し、寄生虫やウィルスの詳しい検査に出してくれた。



後は生検検査と検便の結果を待つのみだ。



内視鏡検査・生検・検便、これら全てに異常が無い場合、いよいよIBDの疑いが濃厚になってくる訳だ…。




──余談であるが、朔丸は普段おっとりしているが かなり神経質な一面もあり、ストレスを溜めやすい質だ。



病院に入院中も獣医さんがチョコチョコ様子を見に行く度に ほんの少しの物音で起きてしまっていたそうで、ほとんど眠れていない故 かなりの寝不足な筈なので、帰宅後はゆっくり寝かせてあげて欲しいとの助言を頂戴した。



その言葉通り、その日朔丸はこんこんと眠った。



安心して眠っていいんだぞ、朔丸。(*´∇`*)





↑ 足の間から離れない朔丸。すっかり甘えん坊になった♡
(が、結局 傷が癒えるまでの間だけだった ( ̄ー ̄)…。)





それから10日ほどして生検の検査結果が届いたと獣医から連絡あり。



結果、 “慢性大腸炎” という所見。



そして 検便の結果は、やはりトリコモナスだけが陽性であり、これによりIBDであるともないとも確定的な診断は出来ず終いに。( • ́_ •̀;)



現段階では “トリコモナスが原因による慢性大腸炎” である可能性が高い、という診断となった。



だが、この寄生虫は猫自体が2歳くらいになり抵抗力が付いてくると自然消滅するケースが多いそうだ。



なので、朔丸の場合も療法食(病院に通い出してからずっとHill'sのi/d缶を食べさせている。)と駆虫薬を続け、寄生虫が自然消滅するまでの間、数の増減をきっちりとコントロールしていこうとの治療方針が固まった。




──この頃は、本当に毎日下痢&血便で可哀想だった朔丸。( •̥́﹏•̀ू )



だが、獣医が言っていた通りに朔丸が1歳半になる辺りから徐々に血便は治まり、下痢や軟便の回数も減り、検便でのトリコモナス検出も少なくなっていき、2歳を過ぎる頃にはすっかり普通便になったのだった✨



そして 現在でも朔丸はほとんど下痢をしない。



あの頃の悪夢が正に夢のようだ。





↑ 朔丸 近影。何か考え事かぃ?





あの頃は辛かったね。よく頑張ったね、朔丸。




【 お帰り前に… 】


『 2本のしっぽログ 』はランキングに参加しています

クリックして頂くとそれがランキングに反映される仕組みとなっております

是非、お帰り前に下のDOLと朔丸をポチポチッとお願いします



   にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ


[ 2013/11/25 08:32 ] 朔丸・病気や体のこと | TB(0) | CM(0)

DOLは食いしん坊、朔丸は食細


DOLは全くもって食いしん坊だ。




↑ 君は何か食べてる時が一番えぇ顔しとるな…(´-﹏-`;)




人が何か食べていると くれくれ うるさい。(;´д`)ゞ



無視しているとキュンキュ〜ンと切ない声でアピール。



そのまま無視し続けると最終的には怒り出す。そりゃもうガウガウ怒る。小型犬なのに。





↑ それ オモチャですけどね…(・ω・;) 食べれるかもしれないので 取り敢えずは努力する訳ですね。





そんなDOLとは正反対に朔丸は食が細い



決まったモノ(本猫が気に入ったモノ)しか一切口にせず、スンスン匂いを嗅いでNGなら完全スルー




↑ あまりに食べないのでご飯皿にフタしてます (;一_一)




まぁ、お腹が空くから食べるけど。ってな感じで。




…って 真顔かい!Σ(`д´/;)/  しかもうっすら怒ってるし…|ω;))))プルプル
も少し美味しそうな顔して食べなさいよっ!




普段はDOLが朔丸のご飯を横取りしないように、朔丸には高い所で食べてもらっている。



でも ある日、実験がてら床の上に朔丸のおやつを置いてみた。







──うんうん…そりゃそうだわな、DOL…。普通〜に食べに来るわなぁ…。( ;∀;) ハハハハ




それより 朔丸くん!?







あんた、怒るどころか一歩下がって見守り体勢に入ってるしっ Σ( ̄▽ ̄ ;)



もしもーし! 盗られてますよー、自分のおやつが盗られてますよー。





いつも喧嘩ばかりのどるさくなのだが、食べ物に関しては互いに怒った事が1度も無い




───不思議な関係…(ー"ー;)



【 お帰り前に… 】


『 2本のしっぽログ 』はランキングに参加しています

クリックして頂くとそれがランキングに反映される仕組みとなっております

是非、お帰り前に下のDOLと朔丸をポチポチッとお願いします



   にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

[ 2013/11/24 22:36 ] 2本のしっぽ | TB(0) | CM(0)

朔丸の持病 #1(続き)


さて、朔丸の血便の続きを。



トリコモナスの駆虫に成功したにも関わらず、なかなか治まらない朔丸の血便…。




↑ 生後3ヶ月頃の朔丸。まだまだ小さい体で戦ってたね。( ;∀;)




こうなってくると、猫のIBD(炎症性腸疾患)や FIP(猫伝染性腹膜炎)などの恐ろしい病気の可能性が出てきた。(;д;)



IBDもFIPも症状としては 下痢・血便・嘔吐・食欲不振であり、朔丸の症状と一致する。


※ 猫のIBD(炎症性腸疾患)とは…

↓ 以下のサイトに詳しく記述
http://www.geocities.jp/felineibd2003/mypage1.1.html


※ FIP(猫伝染性腹膜炎)とは…

↓ 以下のサイトが分かり易い
http://www.konekono-heya.com/byouki/infection/fip.html





朔丸の将来への不安が一気に襲いかかってきた…。(ू˃̣̣̣̣̣̣︿˂̣̣̣̣̣̣ ू)




朔丸の血便は、この段階ではまだ “原因不明” な状態。



掛かり付けの獣医と相談して、まずは血液検査をしてウィルスの感染をチェックする事に。




──そして 血液検査の結果、FIP(猫伝染性腹膜炎)などウィルスの感染症は全て陰性✨



ただ、IBD(炎症性腸疾患)に関しては現在でも原因不明の病気でウィルス性でもないらしく、血液検査ではまだ疑いは晴れず… (・_・。)



朔丸はこの当時まだ生後3ヶ月。



この血便がウィルス性のものでないとすると、先天性疾患・免疫不全など、原因や他の病気の可能性は多岐に渡る。



もしかすると、単純に “そんな体質” なだけかもしれないのだ。




以降は、朔丸の様子を見ながら、怖い病気の可能性を一つずつ消していくしかなさそう。( • ́_ •̀;)






──そして それから3ヶ月の月日が経ち、その間も血便だ、嘔吐だ、と病院通いは続いていた。



トリコモナスくんは一時は退散してくれたかに見えたが やはりしぶとく生存しており、駆虫薬でのコントロールも続いていた。





↑ 生後6ヶ月頃の朔丸。 幸せそうに寝ておりますが、お腹は毎日ピーピーだったねぇ…( •̥́ ˍ •̀ू )




そんな病院通いの中で、掛かり付けの獣医さんから提案。



朔丸も生後6ヶ月を迎え、そろそろ去勢手術をする時期。



そこで、去勢手術のタイミングでバイオプシー(生体組織診断)をしてみたらどうか、と。



バイオプシーとは、臓器組織の一部を採取してそれを顕微鏡で検査する事だ。



よって、バイオプシーをする為には全身麻酔が必要なのだが、どうせ去勢手術で全身麻酔をするならばこの機会に!という算段。



掛かり付けの獣医は普段から過剰な検査や全身麻酔は極力避けたい方針の人で、今回もバイオプシーの為だけの開腹ならば決して勧められていなかっただろう。



ただし、腸内の状態が分かるのみで、病気の確定診断には至らない可能性もあるとの事。




──が、それでも良い。



毎日 原因不明の血便に悩まされる状態よりは少しは前進できるだろう。



祈るような思いで決断。





↑ 生後6ヶ月。人の股間で暖をとる朔丸。 全身麻酔、1回だけだから許してね!💦




朔丸の去勢手術 兼 バイオプシーの顛末はまた後日──。



【 お帰り前に… 】


『 2本のしっぽログ 』はランキングに参加しています

クリックして頂くとそれがランキングに反映される仕組みとなっております

是非、お帰り前に下のDOLと朔丸をポチポチッとお願いします



   にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ


[ 2013/11/23 09:41 ] 朔丸・病気や体のこと | TB(0) | CM(0)

定点カメラ


唐突ですが 我が家は共働き。



なので 必然的にDOLと朔丸は留守番を強いられている時間が長い。



朔丸より一足早く我が家のコになったDOLは、最初は一人ぼっちだったので『留守番中どうしているだろうか』とか『1人で寂しくないだろうか』などと心配の種が尽きず、勤務中はとにかく早く帰宅したいばかりで仕事が全く手に付かない。(いや、決してヤル気が無い事への言い訳ではない…。決して…。)



なので、部屋に定点カメラを設置する事にした。



定点カメラと言ってもそんなに大袈裟なものではなく、パソコンにUSBで接続して使用する安価なWEBカメラを利用し、監視カメラ的用途として使えるソフトがあるのだ。



インストールさえすれば何処のPCからでもどのスマホ・携帯電話からでも見れる。



勿論 撮影範囲は狭く 決して鮮明とは言えない画質ではあるが、動体検知して自動的に録画しておいてくれる機能もあり、留守中の部屋の様子を伺うくらいの用途ならば十分事足りる。



ちなみにこれは先日の画像の一部(iPhone)↓





珍しくくっ付いている。( ̄∀ ̄*)



DOLが向いている方向には玄関があり、キチンとお座りしている姿から誰かが来たのかな、と推測出来る。
(実際、宅配便の不在連絡票が投函されていた。)



2人が1番行動するであろう位置に設定しておけば、こういった画像が撮れるのだ。



もちろん、ライブでも観れる。(自分が使用しているものは1秒毎の連続した静止画像ではあるが。)



それを使い始めて3年余り、今ではもう無くてはならないアイテムに✨



留守中のどるさく(2人を合わせてこう呼ぶ)の様子が見れるのはかなりの安心感がある❗️



仕事も捗るってなもんだ。 ( = ̄+∇ ̄=) ハハハハハ



先日 勤務先で地震があった時も、携帯電話から2人の様子が見れて本当にありがたかったし… ( •̥́ ∀ •̀ू )



まぁ、その時の2人はと言うと…完全に爆睡、地震にも気付かず起きる気配も無かったが。Σ( ̄▽ ̄ノ)ノ



他人に話すと過保護だなんだと笑われてしまうが、心配なので仕方がない。



DOLは布製品が大好きでカーペットやソファーをガジガジした挙句に食べてしまうし、朔丸は体調不良で何かあったら怖いし…。



悪さしてないか…グッタリしてないか…。



日に何度もカメラチェックしてしまう毎日です。





↑ ほらほらっ💢 そーやってすぐに臨戦態勢になるからっ <(ll゚◇゚ll)>



【 お帰り前に… 】


『 2本のしっぽログ 』はランキングに参加しています

クリックして頂くとそれがランキングに反映される仕組みとなっております

是非、お帰り前に下のDOLと朔丸をポチポチッとお願いします



   にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ


[ 2013/11/22 13:03 ] 2本のしっぽ | TB(0) | CM(0)

朔丸の持病 #1


朔丸が我が家に来てから少し経った頃、朔丸が突然 血便を出した。



嘔吐もある。



慌ててブリーダーさんに電話で相談したところ、嘔吐に関しては単なる 反射性嘔吐(空腹時にご飯などをがっついて食べたりすると起こる。)ではないか、と。



子猫にはよくある事なので心配せずに少し様子を見て、明日また経過を教えて欲しいとの事。



少しホッとしたのだが、1日に何度も排便し、その度に酷い下痢で鮮血混じり。



───尋常ではない。



あまりに可哀想なので、近くの病院に連れて行ったところ、便の検査で大量のトリコモナスを検出。



トリコモナスは感染している母親の母乳や兄弟の便を口にするなどして感染する寄生虫で、症状としては激しい下痢を伴う腹痛などがある。



朔丸の場合、下痢だけではなく血便まで出していた訳で、かなり酷い状態だったと思う。



病院で駆虫薬を処方してもらい、早速虫退治スタート

( ※ 現在 日本で使用されている駆虫薬では完全にゼロにする事は出来ないらしく、増減をコントロールするに留まる。)




だが次の日も その次の日も 朔丸の血便は止まらない…˚‧º·(˚ ˃̣̣̥᷄⌓˂̣̣̥᷅ )‧º·˚



この頃はほぼ毎日病院に通っていた💧



その度に検便してトリコモナスの増減をチェック。



電子顕微鏡の画像を見せてもらったのだが、気持ち悪いとかより先にこいつが朔丸を苦しめているのかと思うと憎たらしくて仕方がなかった。



『お前達の仕業か───っ💢』ヽ(`Д´メ)ノ



そう絶叫しそうになるも、大人だし、病院なので遠慮しましたな。ಠ_ಠ…。



お腹が痛いのも可哀想だが、病院で検便する際にお尻に棒を突っ込まれて泣き叫ぶ朔丸の姿に毎回涙目になったものだ…。( •̥́ ˍ •̀ू )



それ以後も奴らは増えたり減ったりを繰り返し(相当しぶとい💢)、時間はかかったものの かなりの駆虫に成功✨



だいぶん数が減った。ヾ(*´∀`*)ノ ヤッタネ!



──減った…筈なのに、朔丸の血便は治まらず…💧( ̄ロ ̄lll) なんで⁉️



続きはまた後日──。




↑こんな顔にもなりますわな。




お腹痛いのヤダね…( •̥́﹏•̀ू )




【 お帰り前に… 】
『 2本のしっぽログ 』はランキングに参加しています
クリックして頂くとそれがランキングに反映される仕組みとなっております
是非、お帰り前に下のDOLと朔丸をポチポチッとお願いします

   にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ}


[ 2013/11/21 12:57 ] 朔丸・病気や体のこと | TB(0) | CM(0)