PageTop
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08






















ちょっと、保険の話など。


朔丸の通院でつくづく思うのですが。







我が家のしっぽ達の医療費に関しましてね。



いやはや、お金の話でいやらしいのですが。



以前も記事にしましたが、我が家のしっぽ達はDOLも朔丸も2人共アニコム損保の保険に加入しております。( 過去記事はコチラ→『 転ばぬ先の杖。』)



病院での総支払い金額のうち、保険適応される金額の70%がアニコムから支払われる仕組みでして。
( ふぁみりぃ70%プランの場合。他に50%プランもあり。)



現在、月々の保険料はDOLと朔丸2人合わせて約7,000円。



内訳としてはDOLが約4,800円で朔丸が約3,200円となっておりまして。







具体的な医療費としては、朔丸の月々の薬代が診察料を合わせて約2,500円。



さらに朔丸は定期的な血液検査をしており、その血液検査は1回につき2,000円~8,000円。( 検査項目数によって変わる。)



肝機能の低下で毎日病院に通って点滴&注射をしていた頃は毎日5,000円~6,000円ほどかかっておりました。







DOLに関しては、外耳炎の治療が1回約5,000円。



異物誤飲で催吐処置が必要になってしまった場合は約8,000円ほどかかります。



アレルギー検査に至っては、なんと2万円超え!( これも項目数によるのかな?)



DOLも朔丸も我が家に来てすぐに加入したので約4年間継続しており、その間に支払った保険料の総額は約34万円くらいになるか。



そして、DOLと朔丸2人合わせた4年間の医療費を調べてみたところ…



51万円でした!( ←全ての明細書を保管しているワタクシw でも抜けはあるかも。)



このうち保険適応分は約39万円。



3割負担なので、単純計算すると39万円のうち27万円をアニコムが負担した事になる。



さらに細かい事を言えば、最初の頃はふぁみりい90%プランだったので ( 途中でこのプランは廃止された。経営が大変だったのねーw ) もう少し保険料は高かった。



その代わり1割負担だったので、差し引きゼロとみなして良いとして……いや、当時一番お金がかかっていた時期に1割負担だったのだから、実質負担はもっと少ないかもしれない。



かなり助けられたはずだ。



我が家の場合、保険は十分活用されている。



もちろん、年々保険料は上がるし ( DOLは約600円・朔丸は約200円ずつ ) 今後保険料の改定もあるだろう。ヒトと一緒やねー。



現時点でDOLも朔丸もそれぞれ持病を抱えている事だし、これからシニア期を迎えるにあたって更に何らかの疾病を患う可能性だって否定できない。



定期的な健康診断など諸々を鑑みると…本当に保険ってありがたいものだとつくづく思うのです。



お金の事を気にせず、出来る限りの治療を受けさせてやれるというのは心強いものだと。



しっぽ達を家族に迎えるという事は、その命を預かるという事と同義。







改めて計算してみると、医療費の問題というのは決して馬鹿にできない事だと再認識した今日この頃。



ちょっと、保険の話でした。





さぁ、せっせと働くとしますかね!(ง •̀ω•́)ง






【 お帰り前に… 】

最後までお付き合い頂きありがとうございます♪

大変恐縮ではありますが、戴いたコメントへのお返事はお休みさせて頂いております。( ≧人≦ ; )

ブログをお持ちでない方・初コメを戴いた方には、追記にてお返事させて頂いてます。
※ 記事最後の《ブログをお持ちでない方・初コメの方へ》を覗いてみて下さい♪

ブログをお持ちの方は、直接ご訪問させて下さいね!

FC2ブログでない方は、URLをお残し頂ければ幸いです♪



いつもDOLと朔丸に温かい応援ポチをありがとうございます!( ´͈ᐜ `͈人)*+


にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ



[ 2015/02/06 12:49 ] 保険のこと | TB(0) | CM(10)

転ばぬ先の杖


転ばぬ先の杖。


つまり保険の事だ。


昨今はペット保険なんてものがあって。


最初にDOLを迎え入れるにあたって色々調べている時に初めて知ったのだが…。


一昔前では考えられなかった。


ペットの健康保険 ……『 あったらいいのにな〜 』とは常々思っていたのだが。


商売として成り立つとも思えなかった…自分が子供の時代はね。


DOL&朔丸が我が家に来るまでは しっぽ達と一緒に暮らせなかった時代が長く続いたのだが、
どうやらその間にペット業界は凄まじい変貌を遂げていたらしい。


今でこそペットは “ 家族の一員 ” となり、過保護とも言えるほどの丁重な扱いを受けるしっぽ達も増えた


動物病院も増えたし、若い ( 失礼 ) 獣医師さん達も 親身勉強熱心 な人が多いように感じる。


いや、決して年配の獣医師さん ( だから失礼だって ) がそうではないという訳ではない💧


社会全体としてペットと呼ばれる動物達に対する意識が明らかに変わったのではなかろうかと感じるのだ。


良くも悪くもね。


人の子並みに愛情を注がれるしっぽ達が増えた。


が、一方では不幸なしっぽ達が増え続けているのも現実だ。


ブリーダー崩壊・多頭飼い崩壊・ペットショップでの売れ残りのコ達の行く末・動物虐待・地域猫問題……。


あぁ…この話は…長くなるので また日を改めて書く事にしよう💧


思うところもあるのだが、気持ちもドップリ沈んでしまう💧 (´-﹏-`;)





───ともあれ、今回はペット保険のお話。


ペット保険。我が家もかなりお世話になっております✨


うちのDOLと朔丸が加入しているのは、アニコム損保のペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」という商品。

 クリックで「どうぶつ健保ふぁみりぃ」の商品案内ページに飛びます。


数社から数種販売されている保険商品の中からこれを選んだ決め手は、何と言っても “ 手軽さ ” である。

  

↑ このマークのある動物病院なら、保険証を提示すればその場で保険が適用され、支払いは保険適用後の金額で良い。


 
写真入りの保険証 これがまた良い
だが ここでも真っ黒DOLくんの顔が判別できる画像選びに毎年手こずっております



要するに、ものぐさなワタクシは 後で保険請求の手続きをするのが面倒だったのだ (;´д`)ゞ いやはや。


あ〜、掛かり付けの動物病院がアニコムに対応しててくれて良かった


まさか こんなに使う事になるとは思いもせずに、本当に “ 転ばぬ先の杖 ” 的な軽め〜な気持ちで加入したのだが…。


ハッキリ言って…使いまくりです


大丈夫ですか、アニコムさん …って心配になるくらい使わせて頂いております


保険…入ってて良かったなぁ。( ̄∇ ̄lll)




最近、職場の同僚(彼女との会話は9割が猫ネタである)の愛猫が心臓疾患による闘病の末に推定15歳で虹の橋を渡った。


彼女はペット保険には加入しておらず、毎回の医療費を聞いては驚愕したものだ…。エ━━(゚Д゚;)━━ッ!


しかし彼女の場合はちゃんと “ 猫様貯金 ” をしていたので、高額な治療費にも耐えられた。


彼女の愛猫は然るべき治療を受け、地獄の苦しみなど味わう事なく 最後は腕の中で穏やかに旅立ったそうだ…。

───冥福を祈る。


そして 我が身を振り返った時、今の保険無しで果たして納得できるまで必要十分な治療を受けさせてやれるのか…改めて恐ろしくなった。


人も犬も猫も、歳を取れば何らかの病気と戦わねばならなくなる時が来る。


これは必然だ。


自分で働いてお金を稼ぐ事の出来ないしっぽ達に、必要十分な医療行為を施させてあげられるのは飼い主だけなのだ。


時代がしっぽ達を ペット から 家族 へと認識を深めた。


前述した色んな社会問題はあるにせよ、まずは自分が守るべきしっぽ達を全力で守りたい。


いやらしい話ではあるが、その為にはお金も必要不可欠なのだ…。


愛情だけでは、病気からは救えない。





だから、DOLと朔丸よ‼️




キミ達の為にアタイは働くよ‼️( え? アタイ? ∑( ̄Д ̄;)


えぇ、そりゃあもうあくせくとね❗️ p(・`д´・ 。) ヨッシャー!!!


───だから 帰りが遅くなっても許してよ⁉️( 結局それが言いたかったんかい💦 )


【 お帰り前に… 】

『 2本のしっぽログ 』はランキングに参加しています
クリックして頂くとそれがランキングに反映される仕組みとなっております
是非、お帰り前に下のDOLと朔丸をポチポチッとお願いします

   にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ

[ 2014/02/03 10:55 ] 保険のこと | TB(0) | CM(4)