PageTop
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






















DOLくん、またもや…。



DOLくん、またもや誤食騒動…。







それは3月16日(水)の事。



朝目覚めてリビングへ行くと、テーブルの上に緑色の物体



よく見ると、それは “バラン” ではないか。←お弁当などの仕切りに使うヤツ。






───寝起きの回らない頭で考えた。



もしかして昨夜、食品トレー(発泡スチロールのヤツ)を片付けず出しっ放しだったのか⁉︎



家中探し回った。



が、何処にも見当たらない。欠片すらも。







まさか…







DOLの胃の中⁉︎




いや、考えづらいな、丸っと1皿、しかも一片の欠片すら残さず食べるか⁉︎



でも DOLだしな…



色々考えて不安になったワタクシは、DOLを動物病院へ連れて行こうと決意。



生憎、掛かり付けの病院は休診日。(魔の水曜日)



以前、DOLがネズミのオモチャを飲み込んでしまった時に
診てもらった事のある病院へ向かう事に決めて車を走らせた。




IMG_2287-2.jpg
↑病院の裏口から、中をガン見するDOL。




IMG_2291-2.jpg
↑不穏な空気を悟り『帰ろうよ…』と不安顔のDOL。




IMG_2302-2.jpg
↑『お願いだから帰ろうよ…』不安感は懇願へと変わる。




病院で事情を説明したところ、やはり獣医もワタクシと同じ疑念を抱く。



『 いくらなんでも食品トレーを丸ごとペロッと食べてしまうものか?』



兎にも角にも、一応レントゲン撮影してみる事に。



発泡スチロールなどはレントゲンでは写らないにしても、胃や腸の様子くらいは何となく分かる。



レントゲン写真が出来上がり、じっくり見ながら獣医が言う。



「 写真を見る限りでは、少なくとも胃の中に異物は無さそうだね。」

「 もしも誤食したのであれば、すでに腸に流れてしまってる可能性が高いね。」

「 ガスが溜まっている箇所も無いから、今のところ閉塞は起こしてないね。」

「 そうなると、様子を見ながら下から出てくるのを待つしかないなぁ。」



とまぁ、そんなこんなで何も出来ずに不安を残したまま帰宅。



それから毎日DOLの便を解体しているが、DOLの便からは何も出てこず。







ところが、それから4日ほど経った頃、なんだかDOLの様子がおかしい。



あまりにも元気が無さすぎる気がする…



慌てて、今度は掛かり付けの病院に連れて行く事に。




IMG_2359-2.jpg
↑雨が降っていたので病院の駐車場に停めた車の中で順番待ち。
今度は見慣れた光景なので、少し落ち着いた様子のDOL。





さて、掛かり付けの病院では先ず血液検査をする事に。



炎症の有無が分かるCRP値を調べる。



腸閉塞を起こしている場合、顕著な炎症反応が見られるのだ。



検査の結果、DOLは正常値が0〜0.7のところ0.4との事で基準値内。



さらに、エコー検査で胃やその周りの内臓の状態を確認。



胃に何かがパンパンに詰まっている等の様子も見られず、
胆汁も正常に溜まっている事から、緊急性は無いと判断。



4日分の胃薬を処方してもらい、診察終了。



前回よりは根拠のしっかりした診察に少し安心して帰宅したDOLとワタクシなのでありました。




IMG_2363-2.jpg
↑病院では抱っこしろ抱っこしろとうるさいDOL。不安感から甘えっ子全開になるw







実は、今日現在(4/2)でもDOLのウンチョスからは何も出てきていない。



今回の誤飲騒動は、もしかしたら単なる疑惑に過ぎないのかもしれない。



食品トレーの行方は未だ謎だが… (-公- ;) 何処に消えたんだろう…







いつも誤飲・誤食をさせてしまう度に大反省するワタクシなのだが、
ちょっとした気の緩みや油断で事故は起きてしまう。



気を引き締めてDOLの周りの物の管理をしなければ!







───と言った舌の根も乾かぬうちに、またも誤飲事故は起きてしまうのだった…。



長くなるので、その顛末は次の機会にログしよう。あ、DOLは至って元気ですよー。








最後までお付き合い頂きありがとうございました!

只今、ランキングお休み中です。

皆様方のブログへの訪問・コメントも滞っております… (;ω人) ごめんなさいっ

コメント欄は開けておりますが、どうか皆様もご無理なさらぬよう…


[ 2016/04/02 15:20 ] DOL・病気や体のこと | TB(0) | CM(9)

DOLの捻挫の経過と、あのコの事。



DOLが捻挫をしてから5日目となる今日。







皆様方にはDOL (とワタクシ) への多大なるお気遣いを頂き、感謝千万でございます。



お陰様で、DOLは驚異の回復力を見せてくれております!



3日間の痛み止め(抗炎症薬)を飲み終えた後の痛みの戻りを恐れていましたが、
どうやら 酷い痛みは治った様子のDOLであります。



そして、3日目まではヒョコヒョコと痛々しかった足取りも、
今や健常時と比べても遜色のないほど軽やかに走れるようになりました。



元気過ぎて、逆に心配になってしまうほどに。




↑ 得意のタオルブンブン。しっかりと地に足がついておりますw ( ̄▽ ̄;) 大丈夫かいな…



掛かり付け獣医から「回復には少し時間がかかるかも」と言われていただけに、
DOLのこの回復スピードには、(嬉しい)驚きを隠せません。



皆様方のおっしゃる通り、これくらいで済んだのは不幸中の幸いだったと。



もう、ひしひしと。



本当に、大事に至らなくて良かった… ( ᵒ̴̶̷̥́ωᵒ̴̶̷̣̥̀ )



これは天の神サマからの警告…



DOLが身をもって教えてくれた事。



今後とも教訓として肝に銘じておきます。







まだまだ予断の許さないDOLの左前脚ですが、慎重に見守っていきたいと思います。







それから、誤飲疑惑の方ですが…



催吐処置を施された日とその翌日の約1日半の間、DOLは1度も排便しませんでした。



このような事は今まで一度もなかった為、最悪の “腸詰まり” を懸念しましたが…



2日目からゆるゆると排便し始めて以降、都度解体してチェックする限りでは、
ウンチョスからは未だティッシュペーパーは一切排出されず。



どうやら誤飲疑惑はワタクシの杞憂だったようです。







………イマイチ信用できないんだよねw 経歴が経歴なもので…







✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼

私達が愛すべきしっぽ様が、また1人、天使になりました。

『ニャンズBOX』のトラくん。



10月19日夕刻、21歳の大往生。

彼の逞しい生命力にはいつも驚かされ、そして励まされました。



“目の上まっすぐ” がトラくんのトレードマーク。

“文句タレ” がトラくんの得意技。

“ジッちゃま” の愛称で沢山の人々に愛されたトラくん。




トラくんの大往生は、その逞しい生命力によるだけでなく、
お世話係のニャーヨさんの愛情溢れる献身に尽きます。

きっと互いが互いにとって、素晴らしいパートナーだったのだと思います。

ワタクシもこうありたいと、常々尊敬の念を抱いております。




大好きなトラくん、本当にありがとう。



また逢えるね。








最後までお付き合い頂きありがとうございました!

只今、ランキングお休み中です。

皆様方のブログへの訪問・コメントも滞っております… (;ω人) ごめんなさいっ

コメント欄は開けておりますが、どうか皆様もご無理なさらぬよう…


[ 2015/10/21 10:00 ] DOL・病気や体のこと | TB(0) | CM(11)

DOL、誤飲疑惑ともう1つの事件。



週末の17日、誤飲疑惑で散々な目にあったDOLくん。 ( →『 DOL、誤飲疑惑。』)



薬で吐き気を催させて強制的に嘔吐させる催吐処置を施されたものの結局異物は出てこず、
苦しい思いをしただけで終わりながらも何とか無事に帰宅する事ができた。



………のですが。



17日の夜間緊急病院受診の顛末には “もう1つの事件” が記されておりません。



その日、ワタクシにとっては誤飲疑惑よりも遥かにショッキングな事件があったのでした。







それはDOLの怪我なのです。



実は、自宅から夜間緊急病院に向かう途中にDOLが怪我をしたのです。



いや…



“怪我をした” と言うよりも、“怪我をさせてしまった” のでした…。











───その日、あいにく現金の持ち合わせが無かった我が家。
( 夜間緊急病院はお金がかかる。)



病院までの道すがら、お金を下ろしてから行こうとコンビニに立ち寄った。



そして ヒト科が車から降りた時…



置いていかれると思ったのか、DOLが勢いよく車外に飛び出してしまったのだった。



その日はたまたま、家人の大型四駆で出掛けたワタクシ達。



車の座席から地面までの高さは、優に1m以上はある。
実際、ヒトが乗り込むのも大変なのだ。



そんな高さから落下してしまったDOL…



悲鳴のような鳴き声を上げて…



それ以降、DOLは跛行(はこう:足をかばってヒョコヒョコ歩く)するようになってしまった。







急いで向かった夜間緊急病院にてアワアワしながら事の一部始終を説明したのだが、
「 この暴れ様からして、まず骨折は無いでしょう。」と一蹴。



DOLの手足を触診する事など一切無く、そう言い切った。



うん、たしかにDOLは暴れていた。



………でもね。



催吐処置を施されて吐くまでの間、DOLは別部屋のケージに入れられていた。



見知らぬ場所で、見知らぬヒトにいきなり注射をされて尋常でない恐怖の中…



その上ワタクシ達の姿が見えない部屋に閉じ込められたとあらば、
どんなに大人しいコだってそりゃ必死に騒ぎもするだろう。



たとえそれが重篤な怪我をしている場合でも、だ。
火事場のクソ力ってヤツかもしれんやん…もっとちゃんと診てやってよぉ。



帰宅してから掛かり付け獣医に再診してもらおうと心に決めて帰宅したワタクシ達でありました。







───そして、その日の正午に掛かり付けの病院へ。



診察までの待ち時間に病院の駐車場で歩行してもらった。







痛みがあるのだろう。



DOLは走る事をしなくなった。







歩くのも嫌々な感じで、前足をかばっているのがありありと分かる。



抱っこしようと脇腹に手を入れるとギャンッ!と鳴く。







診察の順番が来て、掛かり付け獣医がDOLを数歩だけ歩かせてみる。



「 あぁ。左の前ですね。」



それから診察台に上げて、四肢を1本ずつ丁寧に診察。



爪は割れていないか…指の1本1本は…筋肉・腱・靱帯はどうか…
手首などのあらゆる関節をゆっくりと注意深く、回したり伸ばしたり。



その間、DOLは一声も上げなかった。



そうして診察したところによると、負傷しているのは左の前足だけで済んでいた。



怪我した事に変わりはないが、ともすれば両手かも…と心配していたので少しだけホッとする。



幸いにして骨折や筋の断裂などは無く、わざわざレントゲンで確認するまでには及ばず。



謂わば “重度の捻挫” の状態だとの事。



しばらくは安静にさせるようにとの指示と、3日分の痛み止め(抗炎症剤)を処方してもらう。



回復には少し時間がかかるだろう、との所見であった。(_ _lll)




↑ 疲労と鎮痛剤の効果で一日中眠ったDOL。今はただ、安静にしようね…







それにしても…



いくら焦って気が動転していたにせよ、
病院に連れて行く途中で怪我をさせてしまうなんて…



本末転倒。



なんて不注意極まりない事か。



本当にDOLに申し訳なくて、居た堪れない。



ごめんね。ごめんよ、DOLくん…



痛かったね… 怖かったね…



なのに、それでもキミは…











そうやって笑ってくれるんだね。








最後までお付き合い頂きありがとうございました!

只今、ランキングお休み中です。

皆様方のブログへの訪問・コメントも滞っております… (;ω人) ごめんなさいっ

コメント欄は開けておりますが、どうか皆様もご無理なさらぬよう…


[ 2015/10/18 14:00 ] DOL・病気や体のこと | TB(0) | CM(15)

DOL、誤飲疑惑。



またまたDOLに誤飲疑惑。(_ _lll)



本日(17日)の夜中2時頃の事。



お腹を空かせた朔丸が、キッチンカウンターでちゃぶ台返しをした。



それに興奮したDOLがギャンギャン吠えたてる。( これは毎度の事。)



ちゃぶ台が返る騒音と、DOLのけたたましい悲鳴で飛び起きたワタクシ。



朔丸のご飯皿に少しだけカリカリを入れ、DOLをなだめてから手を洗いに洗面所に行くと…



そこには驚きの光景が。








↑ 一度ゴミ箱に捨てたものを拾って再現した写真です。







久々に本気で絶句しました。



寝呆けて回らないアタマでしばし考える。



何だ、コレは。



無造作に転がるティッシュペーパーの箱の隣には…



ビリビリに引き裂かれたティッシュペーパーがキレイに山盛りにされている…



一体何が起きた?



ティッシュペーパーはDOLの手の届かない高い場所に置いてあったはず。



………そうか。



きっと朔丸がチョイチョイして落としたティッシュの箱を、DOLがイタズラしたのだろう。



ワタクシが眠りに堕ちたのは、確か12時頃。



ティッシュを触ると、まだしっとりとしている。( DOLのヨダレで。)



となると、事件は12時から2時までの間に起きたという事になる。



それから、絶句して固まるワタクシの隣でキョトン顔をしているDOLの腹部を触ってみる。



………何だかパンパンじゃないか⁉︎ :(;"゚'ω゚'):



晩ご飯を食べてから4時間経つというのに、このお腹のパンパン具合は…



もしかして、たらふくティッシュペーパーを食べたのではなかろうか⁉︎



急激に恐ろしくなったワタクシは、慌てて掛かり付け獣医の緊急連絡先に電話。



しかし、残念ながら気づいてもらえず。



オロオロしながら、以前一度お世話になった事のある夜間緊急病院にコンタクトを取り受診予約。
( 以前お世話になった時の記事はコチラ→『 またも、誤飲。』)



家人と2人でDOLを連れ、高速道路で1時間以上かかる街の病院へ向かう。







到着して直ぐに催吐処置の注射をされたDOLだが、一向に吐き戻す気配無し。



次の手段はクチから直接投薬しての催吐処置。



これで何とか吐き戻したDOL。



しかし、嘔吐物の中にはティッシュの欠片も無くカリカリフードが数粒だけ。



この時すでに誤飲疑惑の時刻からは、最長の場合で4時間が経過していた。



すでに胃から腸に流れてしまったか…



それとも、そもそも食べてはいないのか…



もはや これ以上処置する術が無く、途方に暮れ、肩を落とすワタクシ達。



嘔吐物からは時系列的に先に胃に入ったのは間違いないフードが出てきた。



という事は、ティッシュは食べていない可能性が高い…と獣医に慰められながら、
水分補給の輸液と吐き気止めの注射をしてもらって帰宅。




↑ どっぷり疲れたDOL。ごめんね…。帰宅後はたくさん寝たね。



あとは、もしも誤飲していたのならばDOLがウンチョスから出してくれる事を祈るしかない。







誤飲疑惑に関しては取り敢えず一段落。







だけど実は、事件はもう1つあったのです…
長くなるので続きは次回に。








最後までお付き合い頂きありがとうございました!

只今、ランキングお休み中です。

皆様方のブログへの訪問・コメントも滞っております… (;ω人) ごめんなさいっ

コメント欄は開けておりますが、どうか皆様もご無理なさらぬよう…


[ 2015/10/17 17:40 ] DOL・病気や体のこと | TB(0) | CM(2)

DOL、食あたり?


今朝、5:30から6:00の間に5回も嘔吐したDOL。







おそらく、晩ご飯が原因である。



DOLが食べた生肉…きっと、これが傷んでいたのだ。



昨夜、晩ご飯用にと冷凍の角切り馬肉を常温解凍していたのだが、迂闊にも解凍後も数時間放置してしまっていたのだ。



それを考え無しにDOLに食べさせてしまった…。







ごめん…DOL。







いっぱいゲーして辛かったね…。







そして、朝イチで病院へ連れて行かれたDOL。



掛り付け獣医に食あたりの可能性を相談。



ワンコ達はワタクシ達ヒト科よりも遥かに強い胃酸のお陰で、少々の細菌は殺してしまう為、食あたりは少ない。



そして、この時期 (春先や季節の変わり目) は、激しく嘔吐するしっぽ達が急激に増えるのだそうで。



今日も診察開始から一時間ほどの間に、DOLを含め4匹のワンコさんが季節性の嘔吐で受診したらしい。



とは言え、ワンコにだって食あたりはある。



ワタクシ的には、DOLはきっと食あたりをしたのだろうと思っているが、いずれにせよ胃炎を起こしているのは事実。



その治療に胃の炎症を抑える注射を一本。



そして、胃薬を4日分処方してもらう。



DOLには可哀想な事をしてしまったが、大事に至らず一安心。



帰りには散歩をして外の空気をカラダに染み付け、病院臭を消してから帰宅。











朔丸からのシャーシャー攻撃は免れた。







桜もキレイに咲いていて。







真っ黒なキミには少し日差しが強すぎたかな。







これから暖かくなる毎に、フードは傷みやすくなる。



部屋に置きっぱなしにしている朔丸のカリカリも、細心の注意をしてやらねば。



そして、DOLの生肉の扱いにも十分に気をつけなければ…と心に誓う飼い主でした。







【 お帰り前に… 】

最後までお付き合い頂きありがとうございます♪

大変恐縮ではありますが、戴いたコメントへのお返事はお休みさせて頂いております。( ≧人≦ ; )

ブログをお持ちでない方・初コメを戴いた方には、追記にてお返事させて頂いてます。
※ 記事最後の《ブログをお持ちでない方・初コメの方へ》を覗いてみて下さい♪

ブログをお持ちの方は、直接ご訪問させて下さいね!

FC2ブログでない方は、URLをお残し頂ければ幸いです♪



いつもDOLと朔丸に温かい応援ポチをありがとうございます!( ´͈ᐜ `͈人)*+


にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ



[ 2015/03/31 14:21 ] DOL・病気や体のこと | TB(0) | CM(17)