PageTop
2013 1112345678910111213141516171819202122232425262728293031






















ステキな思い出が、またひとつ。



やっと 会えました。



会いたくて会いたくて…でもなかなか機会がなくて。



それが遂に会えたのです!







一体誰にかと申しますと…







ブログ『 りんりお物語(仮)』わいさんご夫婦 でございます!







わいさんご夫婦、G.Wの旅の途中にわざわざ我が拙宅に足を運んでくださいました♪
ヾ(*`∇´*)ノ ひゃ~なんとありがたい!



ワタクシの方ではまともな写真が撮れなかったので、
是非ともわいさんのブログ記事をご覧くだされ~w
『旅の途中でブロ友さん家へ』







DOLは嬉しいとボール遊びが止まらなくなる。



投げろ投げろと、そりゃもうしつこいったらありゃしない。



そんなDOLのエンドレスボール遊びに、ニコニコとお付き合いくださったわいさんご夫婦。



IMG_3023.jpg
↑わいさんにナデナデしてもらってコーフンするDOL。



IMG_3019-1.jpg
↑ママさんにナデナデしてもらってしっぽグリングリン!目つきもヤバくなるDOL。







そして、如何なる来客があっても我関せずでおっとりスローモーションな朔丸。



IMG_3025.jpg
↑またDOLがはしゃいでるなぁ…とキャットタワーの上から見ているだけの朔丸。



そんな朔丸には静かに優しくゆーっくりと接してくださったわいさんご夫婦。



これまでのお付き合いの中でワタクシが勝手にイメージしていた通りの、
と~っても素晴らしいお人柄のお二方でした♡



今回はあまりゆっくりして貰えなかった事が残念であります…
なんのお構いも出来ずごめんなさいね。(。・人・`。)







【追記】

わいさんご夫婦からDOLと朔丸(ヒト科にもね♪)にステキなプレゼントを頂きました♡



IMG_3031.jpg



ボール狂のDOLはもちろん大喜び!



IMG_3051.jpg
↑ニコニコご機嫌さん♪



IMG_3053.jpg
↑離しませんよ~♪



IMG_3052.jpg
↑お目目爛々♪







そして何より驚きだったのは、オモチャの当たり外れがハンパない朔丸も…








大コーフン♪ °˖✧°˖◝( ´͈ ᗨ `͈ )◜˖°✧˖° うれち~♪



IMG_3056.jpg
↑またたび酒抱えてw



IMG_3057.jpg
↑パッカ~ン!ただの酔っ払いと化しておりますw







それからそれから、わいさんご夫婦の最たる心尽くしがコチラ↓なのです!



IMG_3028.jpg



ヘルペス性角膜潰瘍を患う朔丸の為に、今年も送ってくださった御札。
眼病封じに霊験あらたかな観音様がご本尊である壷坂寺の有難い御札であります。
( 去年の記事はコチラ→『 続・朔丸、眼科受診。』)



うやうやしく額装して、大切に大切に保管させてもらってますよ~♪ ( ´͈ᐜ `͈人)*+



IMG_3018.jpg






わいさん、ママさん!



何から何まで、ホントにありがとうございました



次の機会には、きっときっと凛ちゃんと凛生くんに会わせてくださいね



DOL&朔丸とは一泊も離れられないしっぽ依存症なワタクシは…
日帰り強行で遊びに伺わせて頂きますw (๑•̀ㅂ•́)و✧








最後までお付き合い頂きありがとうございました!

只今、ランキングお休み中です。

皆様方のブログへの訪問・コメントも滞っております… (;ω人) ごめんなさいっ

コメント欄は開けておりますが、どうか皆様もご無理なさらぬよう…


[ 2016/05/15 16:00 ] ノンジャンル | TB(0) | CM(7)

キミの名は、チャト。



4/13(水) 20:00頃。



会社からの帰路、自宅近くの道路のど真ん中に横たわるネコさんを発見。



車にはねられてしまった様子。



通りすがりに見た限りでは外傷が無さそう。



気絶しているだけかもしれない。



車で1分ほどの自宅にいったん帰宅し、キャリーを持って戻る。



これ以上車にひかれていませんように……祈りながら到着すると、
良かった、まだキレイなままだ。



車で使っていたひざ掛けにくるんで抱き上げると、
パッと見には分からなかったけれど頭部からの出血が酷い。



あぁ、ダメかな……と思いながらもキャリーに寝かせ、一縷の望みを持って車を走らせる。



一番近い掛かり付け病院に行くも、あぁ、そうだ、今日は魔の水曜日…
休診日で病院もご自宅も真っ暗。不在なのは明らかだ。



車を走らせながらDOLがたまに診てもらう病院に電話したら、獣医が不在だと断られた。



仕方ないので少し離れた隣町の病院に連絡して事情を説明すると、
そこは時間外の受け入れを快く承諾してくださった。



病院までは約15分。



病院へと向かうその車中で考えた。



このコはもしかしたら障害が残ってしまうかもしれない。



うちには超ワガママなDOLと、超神経質な朔丸がいる。



どうしよう……こりゃきっと大変になるな。



だけど、これも運命の出会い。なるようになるか。



とにもかくにも、名前をつけよう。



キミの名は、チャト。



うん、決まり。







───そして病院に到着し、診察台の上にのせてくるんでいたひざ掛けを開くと。



明るい場所でまじまじと見て初めて気づいたのだが。



………可哀想に。



左の眼球が飛び出してしまっている。



残念ながら、やはりそのコはすでに息絶えていたのだった。



獣医師は「 見ない方がいいよ。」と言ったけれど、ワタクシはしっかりと見た。



だって。ねぇ。



あまりにも一瞬の関わりすぎるじゃない。



突如、怒りにも似た悔しさが襲いかかってくる。



「 あぁ!!!可哀想に!!!可哀想に!!!」繰り返し叫んでしまった。



全身がガクガクと震えて止まらない。



「 ちょっとだけ、待合室で待ってて。」



獣医に言われ、診察室を出る。



ふと気づくと、自分の手や服が血まみれじゃないか。



こんなに大量に出血していたんだ。







しばらくして呼び戻されると。



そこには体をキレイに洗ってもらい、飛び出した眼球を元に収めて縫合してもらい、
まるで眠っているかのようなお顔にしてもらったチャトがいた。



獣医はワタクシの為に、苦しんでない、即死だったと言い切ってくださった。



病院のスタッフが皆で “ありがとう” と言ってくださった。






まだ冷たくなりきらぬチャトの体を撫でながら、
『迷わず真っ直ぐ逝くんだよ』と言い聞かせて、お別れを。



チャト、キミはとっても美しい茶トラさんだったね。



茶トラさんだから、チャト。



はは。安直すぎるネーミングでごめんよ。







IMG_2823-2.jpg







キミとはいつかまた逢える気がする。



だからサヨナラじゃなく、またね。








最後までお付き合い頂きありがとうございました!

只今、ランキングお休み中です。

皆様方のブログへの訪問・コメントも滞っております… (;ω人) ごめんなさいっ

コメント欄は開けておりますが、どうか皆様もご無理なさらぬよう…


[ 2016/04/26 01:05 ] ノンジャンル | TB(0) | CM(16)

DOLくん、またもや…。



DOLくん、またもや誤食騒動…。







それは3月16日(水)の事。



朝目覚めてリビングへ行くと、テーブルの上に緑色の物体



よく見ると、それは “バラン” ではないか。←お弁当などの仕切りに使うヤツ。






───寝起きの回らない頭で考えた。



もしかして昨夜、食品トレー(発泡スチロールのヤツ)を片付けず出しっ放しだったのか⁉︎



家中探し回った。



が、何処にも見当たらない。欠片すらも。







まさか…







DOLの胃の中⁉︎




いや、考えづらいな、丸っと1皿、しかも一片の欠片すら残さず食べるか⁉︎



でも DOLだしな…



色々考えて不安になったワタクシは、DOLを動物病院へ連れて行こうと決意。



生憎、掛かり付けの病院は休診日。(魔の水曜日)



以前、DOLがネズミのオモチャを飲み込んでしまった時に
診てもらった事のある病院へ向かう事に決めて車を走らせた。




IMG_2287-2.jpg
↑病院の裏口から、中をガン見するDOL。




IMG_2291-2.jpg
↑不穏な空気を悟り『帰ろうよ…』と不安顔のDOL。




IMG_2302-2.jpg
↑『お願いだから帰ろうよ…』不安感は懇願へと変わる。




病院で事情を説明したところ、やはり獣医もワタクシと同じ疑念を抱く。



『 いくらなんでも食品トレーを丸ごとペロッと食べてしまうものか?』



兎にも角にも、一応レントゲン撮影してみる事に。



発泡スチロールなどはレントゲンでは写らないにしても、胃や腸の様子くらいは何となく分かる。



レントゲン写真が出来上がり、じっくり見ながら獣医が言う。



「 写真を見る限りでは、少なくとも胃の中に異物は無さそうだね。」

「 もしも誤食したのであれば、すでに腸に流れてしまってる可能性が高いね。」

「 ガスが溜まっている箇所も無いから、今のところ閉塞は起こしてないね。」

「 そうなると、様子を見ながら下から出てくるのを待つしかないなぁ。」



とまぁ、そんなこんなで何も出来ずに不安を残したまま帰宅。



それから毎日DOLの便を解体しているが、DOLの便からは何も出てこず。







ところが、それから4日ほど経った頃、なんだかDOLの様子がおかしい。



あまりにも元気が無さすぎる気がする…



慌てて、今度は掛かり付けの病院に連れて行く事に。




IMG_2359-2.jpg
↑雨が降っていたので病院の駐車場に停めた車の中で順番待ち。
今度は見慣れた光景なので、少し落ち着いた様子のDOL。





さて、掛かり付けの病院では先ず血液検査をする事に。



炎症の有無が分かるCRP値を調べる。



腸閉塞を起こしている場合、顕著な炎症反応が見られるのだ。



検査の結果、DOLは正常値が0〜0.7のところ0.4との事で基準値内。



さらに、エコー検査で胃やその周りの内臓の状態を確認。



胃に何かがパンパンに詰まっている等の様子も見られず、
胆汁も正常に溜まっている事から、緊急性は無いと判断。



4日分の胃薬を処方してもらい、診察終了。



前回よりは根拠のしっかりした診察に少し安心して帰宅したDOLとワタクシなのでありました。




IMG_2363-2.jpg
↑病院では抱っこしろ抱っこしろとうるさいDOL。不安感から甘えっ子全開になるw







実は、今日現在(4/2)でもDOLのウンチョスからは何も出てきていない。



今回の誤飲騒動は、もしかしたら単なる疑惑に過ぎないのかもしれない。



食品トレーの行方は未だ謎だが… (-公- ;) 何処に消えたんだろう…







いつも誤飲・誤食をさせてしまう度に大反省するワタクシなのだが、
ちょっとした気の緩みや油断で事故は起きてしまう。



気を引き締めてDOLの周りの物の管理をしなければ!







───と言った舌の根も乾かぬうちに、またも誤飲事故は起きてしまうのだった…。



長くなるので、その顛末は次の機会にログしよう。あ、DOLは至って元気ですよー。








最後までお付き合い頂きありがとうございました!

只今、ランキングお休み中です。

皆様方のブログへの訪問・コメントも滞っております… (;ω人) ごめんなさいっ

コメント欄は開けておりますが、どうか皆様もご無理なさらぬよう…


[ 2016/04/02 15:20 ] DOL・病気や体のこと | TB(0) | CM(9)